関西クラシック音楽情報  ・・・音楽賞のページ・・・  (16.8.1 更新)
  掲載内容に,正誤,掲載後の変更などがある場合があります.詳細は「問い合わせ先」でお確かめください.

 佐川吉男音楽賞


「佐川吉男音楽賞」とは・・・

 音楽評論家・音楽ジャーナリストとして、長年にわたり活動した「故 佐川吉男氏の業績を関係者の心に留めるとともに、生前、氏が特に専門とされていたオペラや、チェコ、スロバキア関係の音楽活動の振興を主な目的」に、平成15年 (2003年) 7月創設された。
 選考対象は、前年4月1日から翌年3月31日の間に行われた公演のうち、「中小オペラ団体が主催する公演で、特に優れた成果をあげたもの、その他、選考委員が賞に値すると認めたもの」。
 運営には、佐川吉男音楽賞実行委員会があたり、受賞者には、賞状と賞金 (年間総額150万円以内) が、佐川吉男夫人 佐川悦子氏から贈呈される。
 * 佐川悦子さんは、平成27年 (2015年) 4月13日 93歳で逝去されたが、その遺志を継いで、佐川吉男音楽賞実行委員会が運営にあたる。

 選考委員
  國土潤一(音楽評論家)
  白石美雪(音楽評論家・武蔵野美術大学 教授)
  関根礼子(音楽評論家)
  宮沢昭男(音楽評論家)

 事務局
  佐川吉男音楽賞実行委員会
  103-0027 東京都中央区日本橋 2-2-4 日本橋ビル
  公益財団法人 三菱UFJ信託芸術文化財団 内
  Tel:03-3281-0604 Fax:03-3281-0605

 *佐川吉男 (さがわ よしお) は、1926年生まれ。大学在学当時から、「ディスク」「音楽の友」「レコード芸術」「ステレオ」「LP手帖」などに新譜レコード評を執筆。オペラに重点がおかれ、出版物やコンサートのプログラムに寄稿するほか、武蔵野美術大学教授を務め、東京芸術大学や武蔵野音楽大学、また新国立歌劇場オペラ研修所において、オペラ史やオペラ演出史、舞台美術史の教育研究にもあたった。2005年7月から2006年6月かけて、芸術現代社より刊行された「佐川吉男遺稿集1-5」に詳しい。
 チェコ音楽にも造詣が深く、その分野における研究・評論も数多い。その功績により、1979年、当時のチェコスロヴァキア文化省より「ヤナーチェク・メダル」を授与されている。2000年没。(刊行された書籍より引用)


 第14回 佐川吉男音楽賞は、アントネッロ 〜オペラ「エウリディーチェ」に、
  同 奨励賞は、モルゴーア・クァルテット 〜第42回定期演奏会 に


 「佐川吉男音楽賞・同 奨励賞」の第14回受賞者が、次の通り決定したと、佐川吉男音楽賞実行委員会から発表された。
 贈呈式は、9月26日、東京で行われる。

■ 佐川吉男音楽賞(賞金 100万円)

 古楽アンサンブル アントネッロ カッチーニ/オペラ「エウリディーチェ」の公演に対して

 贈賞理由
 古楽アンサンブル「アントネッロ」は、濱田芳通(リコーダー、コルネット)、石川かおり(ヴィオラ・ダ・ガンバ)、西山まりえ(チェンバロ・ヒストリカルハープ) をメンバーに1994年結成、躍動感に満ちた魅力的な演奏により国内外で高く評価されてきた。2013年にオペラプロジェクト<オペラ・フレスカ>を開始。モンテヴェルディの3作上演を経て、2016年1月にカッチーニ作曲「エウリディーチェ」を日本初演した。「エウリディーチェ」といえばペーリ作曲の作品が現存する最古のオペラとして史上有名だが、その陰には同じ台本(リヌッチーニ)によるカッチーニの同名のオペラもあり、当時の活況を明らかにするうえで日本初演された意義は大きい。
 アントネッロの上演は、歴史研究や原譜にしっかりと基づきつつ、しかし決して考古学的な再現に傾くことなく、初期オペラの初々しい気概とバロック音楽のスピリットを華やかに伝えた。濱田芳通の指揮で管弦楽、歌手とも好演。演出は家田 淳。(佐川吉男音楽賞実行委員会)

 受賞の対象となった公演
flyer 16.1.23(土)17:00 川口総合文化センター リリア 音楽ホール
アントネッロ オペラフレスカ 〜カッチーニ/オペラ「エウリディーチェ」
指揮・音楽監督/濱田芳通 演出/家田 淳 管弦楽/古楽アンサンブル アントネッロ 演目:カッチーニ/オペラ「エウリディーチェ」(原語上演・字幕付き・本邦初演) 配役:別項 入場料S¥9,500 A¥7,500 問い合わせ:アントネッロ(anthonello.concert@gmail.com)


■「エウリディーチェ」配役
 1/23 (土)
悲劇 彌勒 忠史
エウリディーチェ 高山 潤子
オルフェオ 黒田 大介
プロゼルピナ 末吉 朋子
ヴェーネレ 染谷 熱子
ダフネ 澤村 翔子
アルチェトロ/ラダマント 上杉 清仁
アミンタ/カロンテ 中嶋 克彦
ティルシ/プルトーネ 和田ひでき

…………………………………………………………

■ 佐川吉男音楽賞 奨励賞(賞金 50万円)

 モルゴーア・クァルテット 第42回定期演奏会の公演に対して

 贈賞理由
 1992年の団結成以来、ハイレベルな演奏はもちろん、毎回取り上げられる作品の現代性を掘り下げた演奏に深く敬意を表する。
 この度の演奏会では、まず前半にチェコの作曲家ヴイチェスラフ・ノヴァークとハンス・クラーサのカルテットを強い感銘をもって聴いた。ノヴァークはドヴォルザークの最初の弟子の一人というだけでなく、音楽する目的を見失わないという師の教えを引き継いでいることが、モルゴーアの演奏で示された。またナチスの手によってガス室に送られたクラーサも、必ずしもよく知られた作曲家とはいえない。しかし圧倒的な演奏でその存在を明らかにした同定期演奏会は、クラシック音楽とは何かを改めて考えることができた。
 池辺晋一郎、パウル・ヒンデミットの作品でも、作曲家も演奏家も、芸術音楽にメッセージを大切にしていることが強く肌に感じられた。
 今後ともわが国で弦楽四重奏団とは何かを問い続ける活動に、心から期待する。(佐川吉男音楽賞実行委員会)

 受賞の対象となった公演
flyer 15.6.26(金)19:00 東京 浜離宮朝日ホール
モルゴーア・クァルテット 第42回定期演奏会
ヴァイオリン/荒井英治,戸澤哲夫 ヴィオラ/小野富士 チェロ/藤森亮一 曲目:ノヴァーク/弦楽四重奏曲 第3番 ト長調(1938),クラーサ/弦楽四重奏曲(1921),池辺晋一郎/ストラータ IX (2012 弦楽四重奏のために),ヒンデミット/序曲「さまよえるオランダ人」  入場料:¥4,000 学生¥2,000(全自由) 問い合わせ:ミリオンコンサート協会(03-3501-5638)



これまでの受賞者


第1回 (2002年度)
佐川吉男音楽賞
 国立オペラ・カンパニー 青いサカナ団
 神田慶一/「僕は夢を見た, こんな満開の桜の樹の下で」の公演
同 奨励賞
 新潟ニューセンチュリーオペラ・プロジェクト実行委員会
 池辺晋一郎/「てかがみ」の公演

第2回 (2003年度)
佐川吉男音楽賞
 堺シティオペラ
 プッチー二/「三部作」の公演
同 奨励賞
 該当なし

第3回 (2004年度)
佐川吉男音楽賞
 財団法人 読売日本交響楽団
 ヤナーチェク/歌劇「運命」演奏会形式の公演
同 奨励賞
 鹿児島オペラ協会
 伊藤康英/オペラ「ミスター・シンデレラ」の公演

第4回 (2005年度)
佐川吉男音楽賞
 財団法人 愛知県文化振興事業団
 新実徳英/シンフォニック・オペラ「白鳥」の公演
同 奨励賞
 名古屋二期会
 中田直宏/オペラ「なよ竹の輝夜」の公演

第5回 (2006年度)
佐川吉男音楽賞
 財団法人 ニッセイ文化振興財団
 ヤナーチェク/オペラ「利口な女狐の物語」の公演
同 奨励賞
 オペラ彩
 プッチー二/オペラ「トゥーランドット」の公演

第6回 (2007年度)
佐川吉男音楽賞
 財団法人 北区文化振興財団
 モンテヴェルディ/オペラ「オルフェーオ」の公演
同 奨励賞
 群馬オペラ協会
 團 伊久磨/オペラ「夕鶴」の公演

第7回 (2008年度)
佐川吉男音楽賞
 長崎県オペラ協会
 プッチー二/オペラ「蝶々夫人」の公演
同 奨励賞
 財団法人 川西市文化財団
 ヴェルディ/オペラ「椿姫」の公演


第8回 (2009年度)
佐川吉男音楽賞
 ニュー・オペラシアター神戸
 プッチー二/オペラ「蝶々夫人」の公演
同 奨励賞
 三河市民オペラ制作委員会
 ビゼー/オペラ「カルメン」の公演

第9回 (2010年度)
佐川吉男音楽賞
 愛媛オペラ2010実行委員会
 プッチー二/オペラ「ラ・ボエーム」の公演
同 奨励賞
 仙台オペラ協会
 岡崎光治/オペラ「鳴砂」の公演

第10回 (2011年度)
佐川吉男音楽賞
 まつもと市民オペラ
 モーツァルト/オペラ「魔笛」の公演
同 奨励賞
 シアター X カイ
 モーツァルト/オペラ「あえて, 小さな『魔笛』」の公演

第11回 (2012年度)
佐川吉男音楽賞
 地域振興芸術委員会
 加藤昌則/オペラ「白虎」の公演
同 奨励賞
 四国二期会
 チマローザ/オペラ「秘密の結婚」の公演

第12回 (2013年度)
佐川吉男音楽賞
 関西二期会
 モーツァルト/オペラ「魔笛」の公演
同 奨励賞
 立川市民オペラの会
 ヴェルディ/オペラ「アイーダ」の公演

第13回 (2014年度)
佐川吉男音楽賞
 堺シティオペラ
 青島広志/オペラ「黄金の国」の公演
同 奨励賞
 東京オペレッタ劇場
 カールマーン/オペラ「伯爵令嬢 マリツァ」の公演

第14回 (2015年度)
佐川吉男音楽賞
 古楽アンサンブル アントネッロ
 カッチーニ/オペラ「エウリディーチェ」の公演
同 奨励賞
 モルゴーア・クァルテット
 第42回定期演奏会の公演


このページの《トップ》へ戻る
「日本の音楽賞」のページ》を見る
ホームページ》へ戻る