関西クラシック音楽情報  ・・・音楽賞のページ・・・  (18.8.9 更新)
  掲載内容に,正誤,掲載後の変更などがある場合があります.詳細は「問い合わせ先」でお確かめください.

 佐川吉男音楽賞


「佐川吉男音楽賞」とは・・・

 音楽評論家・音楽ジャーナリストとして、長年にわたり活動した「故 佐川吉男氏の業績を関係者の心に留めるとともに、生前、氏が特に専門とされていたオペラや、チェコ、スロバキア関係の音楽活動の振興を主な目的」に、平成15年 (2003年) 7月創設された。
 選考対象は、前年4月1日から翌年3月31日の間に行われた公演のうち、「中小オペラ団体が主催する公演で、特に優れた成果をあげたもの、その他、選考委員が賞に値すると認めたもの」。
 運営には、佐川吉男音楽賞実行委員会があたり、受賞者には、賞状と賞金 (年間総額150万円以内) が、佐川吉男夫人 佐川悦子氏から贈呈される。
 * 佐川悦子さんは、平成27年 (2015年) 4月13日 93歳で逝去されたが、その遺志を継いで、佐川吉男音楽賞実行委員会が運営にあたる。

 選考委員
  國土潤一(声楽家・音楽評論家)
  白石美雪(音楽評論家・武蔵野美術大学 教授)
  関根礼子(音楽評論家)
  宮沢昭男(音楽評論家)

 事務局
  佐川吉男音楽賞実行委員会
  103-0027 東京都中央区日本橋 2-2-4 日本橋ビル
  公益財団法人 三菱UFJ信託芸術文化財団 内
  Tel:03-3281-0604 Fax:03-3281-0605

 *佐川吉男 (さがわ よしお) は、1926年生まれ。大学在学当時から、「ディスク」「音楽の友」「レコード芸術」「ステレオ」「LP手帖」などに新譜レコード評を執筆。オペラに重点がおかれ、出版物やコンサートのプログラムに寄稿するほか、武蔵野美術大学教授を務め、東京芸術大学や武蔵野音楽大学、また新国立歌劇場オペラ研修所において、オペラ史やオペラ演出史、舞台美術史の教育研究にもあたった。2005年7月から2006年6月かけて、芸術現代社より刊行された「佐川吉男遺稿集1-5」に詳しい。
 チェコ音楽にも造詣が深く、その分野における研究・評論も数多い。その功績により、1979年、当時のチェコスロヴァキア文化省より「ヤナーチェク・メダル」を授与されている。2000年没。(刊行された書籍より引用)


 第16回 佐川吉男音楽賞は、まつもと市民オペラ 團 伊玖磨/オペラ「ちゃんちき」の公演に、
  同 奨励賞は、国立音楽大学「ブーレーズとのレスポンリウム」の公演に


 「佐川吉男音楽賞・同 奨励賞」の第16回受賞者が、次の通り決定したと、佐川吉男音楽賞実行委員会から発表された。
 贈呈式は、9月10日、東京で行われる。

■ 佐川吉男音楽賞(賞金 100万円)

 まつもと市民オペラ 團 伊玖磨/オペラ「ちゃんちき」の公演に対して

 贈賞理由
 近年、地域に根差したオペラ活動が各地で成果を挙げている。まつもと市民オペラ「ちやんちき」は当年度で最も高水準の公演の1つで、これからの地域オペラの可能性を大きく開くものだった。
 「ちゃんちき」(台本:水木洋子) は全編名古屋弁で書かれ、厳しい自然のなかで生きる動物譚にことよせて、生存競争の駆け引きや子どもの自立の難しさなど現代社会の問題を笑いと涙で描いている。音楽 (團 伊玖磨) は通常の管弦楽にチャンチキ (鉦) や三味線などの邦楽器が加えられ、民俗色が濃い。城谷正博指揮のもと歌手5人 (須藤慎吾、天羽明惠、九嶋香奈枝、三戸大久、牧野真由美) がドラマを鮮明に表現し、その熱気を合唱団 (まつ もと市民オペラ合唱団) が味わい深く盛り上げる。管弦楽 (松本室内合奏団、正派邦楽会) も土の香りを豊かに漂わせた好演で、生活感覚にあふれて説得力ある日本オペラの好舞台となった。演出は加藤 直。(佐川吉男音楽賞実行委員会)

 受賞の対象となった公演
flyer 17.12.16(土)18:00 まつもと市民芸術館
17.12.17(日)14:00 まつもと市民芸術館
まつもと市民オペラ 第6回公演 團 伊玖磨「ちゃんちき」
指揮/城谷正博 演出/加藤 直 合唱/まつもと市民オペラ合唱団 演奏/松本室内合奏団 和楽器/正派邦楽会 演目:團 伊玖磨/オペラ「ちゃんちき」(2幕 4場) 配役:別項 入場料:(指定)¥6,000 (自由)4,000 U25(指定)¥3,000 U25(自由)¥2,500 問い合わせ:まつもと市民オペラ実行委員会(0263-33-3800)


■「ちゃんちき」配役
 12/16 (土)・12/17 (日)
狐のおとっさま 須藤 慎吾
狐の化けた美人 天羽 明惠
子狐のぼう 九嶋香奈枝
かわうそのかわ兵衛 三戸 大久
かわうそのおかわ 牧野真由美

…………………………………………………………

■ 佐川吉男音楽賞 奨励賞(賞金 50万円)

 国立音楽大学 「ブーレーズとのレスポンリウム」公演に対して

 贈賞理由
 国立音楽大学は2005年以来、20世紀の優れた現代作品と未来を展望する新作を組み合わせたコンサート・シリーズ「聴き伝わるもの、聴き伝えるもの 〜20世紀音楽から未来に向けて〜」を開催してきた。国立音楽大学の教員が監修するテーマと選曲は毎回、刺激的な内容で、現代音楽に対する若い世代の感受性を育み、技術を習得させる機会を提供してきた意義は大きい。
 2017年11月の第12夜はブーレーズの「レポン」を取り上げた。客席中央に室内アンサンブルが配置され、聴衆のまわりを6人のソリストとスピーカーが取り巻くライヴ・エレクトロニック・ミュージックである。1984年の作曲で2005年に改訂。今回はその改訂版の日本初演となった。すでに古くなったIRCAMのコンピュータ・プログラムを用いず、今井慎太郎 准教授が新規のプログラムを制作し、音響デザインも加えている。板倉康明 客員教授の指揮により、教員、学生、卒業生が一体となって演奏が行われ、ブーレーズの精緻で美しい音響がみごとによみがえった。なお、この作品の前に演奏されたホリガーとメシアンの小品、森垣桂一の委嘱作も充実していたことを申し添えたい。(佐川吉男音楽賞実行委員会)

 受賞の対象となった公演
flyer 17.11.11(土)16:00 国立音楽大学講堂 大ホール
聴き伝わるもの, 聴き伝えるもの 〜20世紀音楽から未来に向けて〜 第12夜「ブーレーズとのレスポンソリウム」
指揮/板倉康明 作曲・指揮/森垣桂一 オルガン/近藤 岳 フルート/大友太郎 クラリネット/武田忠善 トランペット/山本英助 ピアノ/今村央子 ピアノ+オルガン/石井佑輔 ハープ/三浦麻葉 ヴィブラフォン/馬場 栞 グロッケンシュピール+シロフォン/佐藤 綾 ツィンバロン/亀尾洸一 エレクトロニクス/今井慎太郎 室内アンサンブル/クニタチ・フィルハーモニカー 企画/今村央子,川島素晴,今井 慎太郎 曲目:ホリガー/詩篇(1971),メシアン/「オルガンの書」より 第3曲,第4曲,第6曲(1951),森垣桂一/合奏協奏曲 〜フルート, クラリネット, トランペットと室内オーケストラのための〜 (2017年度国立音楽大学委嘱作品/世界初演),ピエール・ブーレーズ/レポン〜6人のソリスト, 電子音響装置とアンサンブルのための〜 (1981-84/2005/改訂版 日本初演) 入場料:¥1,500 学生¥500(全自由) 問い合わせ:国立音楽大学演奏センター(042-535-9535)



これまでの受賞者


第1回 (2002年度)
佐川吉男音楽賞
 国立オペラ・カンパニー 青いサカナ団
 神田慶一/「僕は夢を見た, こんな満開の桜の樹の下で」の公演
同 奨励賞
 新潟ニューセンチュリーオペラ・プロジェクト実行委員会
 池辺晋一郎/「てかがみ」の公演

第2回 (2003年度)
佐川吉男音楽賞
 堺シティオペラ
 プッチー二/「三部作」の公演
同 奨励賞
 該当なし

第3回 (2004年度)
佐川吉男音楽賞
 財団法人 読売日本交響楽団
 ヤナーチェク/歌劇「運命」演奏会形式の公演
同 奨励賞
 鹿児島オペラ協会
 伊藤康英/オペラ「ミスター・シンデレラ」の公演

第4回 (2005年度)
佐川吉男音楽賞
 財団法人 愛知県文化振興事業団
 新実徳英/シンフォニック・オペラ「白鳥」の公演
同 奨励賞
 名古屋二期会
 中田直宏/オペラ「なよ竹の輝夜」の公演

第5回 (2006年度)
佐川吉男音楽賞
 財団法人 ニッセイ文化振興財団
 ヤナーチェク/オペラ「利口な女狐の物語」の公演
同 奨励賞
 オペラ彩
 プッチー二/オペラ「トゥーランドット」の公演

第6回 (2007年度)
佐川吉男音楽賞
 財団法人 北区文化振興財団
 モンテヴェルディ/オペラ「オルフェーオ」の公演
同 奨励賞
 群馬オペラ協会
 團 伊久磨/オペラ「夕鶴」の公演

第7回 (2008年度)
佐川吉男音楽賞
 長崎県オペラ協会
 プッチー二/オペラ「蝶々夫人」の公演
同 奨励賞
 財団法人 川西市文化財団
 ヴェルディ/オペラ「椿姫」の公演

第8回 (2009年度)
佐川吉男音楽賞
 ニュー・オペラシアター神戸
 プッチー二/オペラ「蝶々夫人」の公演
同 奨励賞
 三河市民オペラ制作委員会
 ビゼー/オペラ「カルメン」の公演


第9回 (2010年度)
佐川吉男音楽賞
 愛媛オペラ2010実行委員会
 プッチー二/オペラ「ラ・ボエーム」の公演
同 奨励賞
 仙台オペラ協会
 岡崎光治/オペラ「鳴砂」の公演

第10回 (2011年度)
佐川吉男音楽賞
 まつもと市民オペラ
 モーツァルト/オペラ「魔笛」の公演
同 奨励賞
 シアター X カイ
 モーツァルト/オペラ「あえて, 小さな『魔笛』」の公演

第11回 (2012年度)
佐川吉男音楽賞
 地域振興芸術委員会
 加藤昌則/オペラ「白虎」の公演
同 奨励賞
 四国二期会
 チマローザ/オペラ「秘密の結婚」の公演

第12回 (2013年度)
佐川吉男音楽賞
 関西二期会
 モーツァルト/オペラ「魔笛」の公演
同 奨励賞
 立川市民オペラの会
 ヴェルディ/オペラ「アイーダ」の公演

第13回 (2014年度)
佐川吉男音楽賞
 堺シティオペラ
 青島広志/オペラ「黄金の国」の公演
同 奨励賞
 東京オペレッタ劇場
 カールマーン/オペラ「伯爵令嬢 マリツァ」の公演

第14回 (2015年度)
佐川吉男音楽賞
 古楽アンサンブル アントネッロ
 カッチーニ/オペラ「エウリディーチェ」の公演
同 奨励賞
 モルゴーア・クァルテット
 第42回定期演奏会の公演

第15回 (2016年度)
佐川吉男音楽賞
 いずみホール
 いずみホール・オペラ2016
 モーツァルト/歌劇「ドン・ジョヴァンニ」の公演
同 奨励賞
 京都フィルハーモニー室内合奏団
 第203回定期公演「三陸のうた 祈り」

第16回 (2017年度)
佐川吉男音楽賞
 まつもと市民オペラ
 團 伊玖磨/オペラ「ちゃんちき」の公演
同 奨励賞
 国立音楽大学
 「ブーレーズとのレスポンリウム」の公演


このページの《トップ》へ戻る
「日本の音楽賞」のページ》を見る
ホームページ》へ戻る