関西クラシック音楽情報  ・・・・・音楽賞のページ・・・・・  (16.10.24 更新)
  掲載内容に,正誤,掲載後の変更などがある場合があります.詳細は「問い合わせ先」でお確かめください.

 東京国際ヴィオラコンクール


「東京国際ヴィオラコンクール」とは・・・

 ヴィオラ奏者 今井信子の提唱により1992年に始まった《ヴィオラスペース》の一環として、2009年に第1回が開催され、その後、3年に1回開催されるもの。ヴィオラ単独の国際コンクールとしては、日本で初めて、アジアでも初めて。

 《ヴィオラスペース》は、1992年に東京 カザルスホールでスタート、翌年には、「ヴィオラの礼賛」「優れたヴィオラ作品紹介と新作発表」「若手の育成」の3つをコンセプトに、「コンサートと公開マスタークラス」を2本の軸として開催、2003年には会場を紀尾井ホールに移し、2005年には大阪、2006年には名古屋と開催地を拡げている。
 「東京国際ヴィオラコンクール」は、その《ヴィオラスペース》の一環という位置づけになっている。


 問い合わせ:150-0001 東京都渋谷区神宮前 5-53-67 コスモス青山South棟
       テレビマンユニオン 音楽事業部内
       東京国際ヴィオラコンクール運営事務局
       Tel:03-6418-8617 e-mail:tivc@tvu.co.jp
 詳しくは「東京国際ヴィオラコンクールのホームページ」参照(別ページに移動します)

「第4回 東京国際ヴィオラコンクール」、募集要項を発表

 「第4回 東京国際ヴィオラコンクール」は来年5月に開催、その要項が発表された。

 名  称:ヴィオラスペース2018 vol.27「第4回 東京国際ヴィオラコンクール」
 開催期間:2018年5月26日(土)〜 2018年6月3日(日)
 会  場:上野学園 石橋メモリアルホール
     東京都台東区東上野4-24-12 学校法人 上野学園内

出場資格:1986年7月1日以降に出生した者。国籍は問わない。
申込期間:2017年2月1日(水)〜 11月1日(水)(必着)
     *申込方法・課題曲等については、《こちら》を参照。

審査委員:今井信子 (審査委員長 ヴィオラ奏者)
     アントワン・タメスティ (副審査委員長 ヴィオラ奏者)
     ハリオルフ・シュリヒティヒ (ヴィオラ奏者)
     パメラ・フランク (ヴァイオリン奏者)
     野平一郎 (作曲家・ピアノ奏者)

賞   :第1位 賞金 100万円
     第2位 賞金 60万円
     第3位 賞金 30万円
特別賞:聴衆賞 賞金 10万円
     入賞記念コンサートへの出演、入賞記念ガラ・コンサートへの出演
     2019年以降のヴィオラスペースへの出演


このページの《トップ》へ戻る
「日本の音楽賞」のページ》を見る
ホームページ》へ戻る