関西クラシック音楽情報  ・・・トピックスのページ・・・  (17.12.30 掲載)
  掲載内容に,正誤,掲載後の変更などがある場合があります.詳細は「問い合わせ先」でお確かめください.

音楽評論家 日下部 吉彦さん 死去


 音楽評論家 日下部 吉彦 (くさかべ よしひこ) さんが、2017年12月30日 午前2時10分、老衰のため死去された。享年91歳。

 京都市生まれ。同志社大学に在学中はグリークラブで活動、多くの合唱コンクールに団員として出場するほか指揮者も勤めている。1952年に朝日新聞大阪本社に入社、のち朝日放送に転じ、音楽プロデューサーとして活躍。芸術祭・民放祭参加の番組を制作し、数多く賞を受けている。
 1990年に朝日放送を定年退職し、大阪音楽大学 理事に就任。ザ・カレッジ・オペラハウス初代館長、大阪音楽大学 客員教授、関西合唱連盟 理事長など、多くの要職を歴任、音楽評論家というより関西音楽界を牽引するプロデューサーでもあった。ことに、いずみホールの「ランチタイム コンサート」は、 文字通り「ランチタイム」に、今年6月の第100回を迎えるまで「企画・構成・お話/日下部吉彦」が続いたという演奏会で、熱心なファンも多かった。

 葬儀は次の通り執り行われる。

通 夜:2018年1月4日(木)午後6時より
告別式:2018年1月5日(金)午前10時30分より
場 所:公益社 千里会館
    吹田市桃山台 5-3-10 【地図
     北大阪急行「桃山台駅」下車 徒歩5分
    Tel:0120-94-8341

喪 主:日下部 安子(くさかべ やすこ)さん(夫人)


このページの《トップ》へ戻る
ホームページへ戻る