関西クラシック音楽情報  ・・・音楽賞のページ・・・  (19.1.15 更新)
  掲載内容に,正誤,掲載後の変更などがある場合があります.詳細は「問い合わせ先」でお確かめください.

 音楽クリティック・クラブ賞

 「音楽クリティック・クラブ賞」とは・・・

 関西に在住する音楽評論家でつくる「音楽クリティック・クラブ」が主催する音楽賞。関西音楽界の一層の活性化を図ろうと、毎年12月に、直近の1年間に関西圏で開催された演奏会のなかから、最優秀とみとめられたものに「音楽クリティック・クラブ賞」、著しい成長を示し今後の活躍が大いに期待されるものに「音楽クリティック・クラブ賞 奨励賞」を贈っている。


 連絡事務所:株式会社 ヤマハミュージック大阪 心斎橋店
       542-0085 大阪市中央区心斎橋筋 2-8-5
       Tel:06-6211-8330
 *「音楽クリティック・クラブ」は、クラブ組織の団体なので、団体としての事務所はない。


 2018年度 (第39回)
 「音楽クリティック・クラブ賞」受賞者決まる


 2018年度 (第39回) の「音楽クリティック・クラブ賞」は、本年1月に行われた選考会で、下記の通り受賞者が決定し、1/15 に贈呈式が行われた。

  音楽クリティック・クラブ賞 本 賞 尾高忠明 (大阪フィルハーモニー交響楽団 音楽監督)
                 〃  大阪音楽大学 ザ・カレッジオペラハウス(オペラ制作・上演)
                奨励賞 高田泰治(フォルテピアノ奏者)


 音楽クリティック・クラブ賞は、「直近の1年間に関西圏で開催された演奏会のなかから」選ぶことになっていて、2018年度については、本賞2件、奨励賞1件が選ばれた。

 2018年度については、予想通りの受賞だったといえる。大阪フィルの音楽監督に着任した尾高忠明が、着任すぐ「ベートーヴェン交響曲全曲演奏会」というのは、ある意味では冒険だったかもしれないが、こういう評価を得てよかったということだ。続いて今年は「ブラームス チクルス」に着手するが、これにも期待したい。

 ただここ数年、受賞者におなじ顔ぶれが続くのはいかがなものか。カレッジオペラハウスも、昨年「ディレクターズチョイス」シリーズ」で受賞しており、じゃあ来年はどうなるのか考えてしまう。もう少し新しい顔ぶれが出現することに期待したい。
 その点、高田泰治が奨励賞とはいえ、初めて受賞したのは好ましい。特異な技術でピリオド楽器を弾きこなし、地道な活動を続ける努力を高く評価したい。

 受賞者については、それぞれのホームページをを参照。
  《尾高忠明》 《大阪フィル》 《ザ・カレッジオペラハウス
  《高田泰治

  flyer
 前列 左から、福山 修 (大阪フィル 事務局次長)、受賞者 尾高忠明 (同 音楽監督),延原武春 (日本テレマン協会音楽監督 受賞者 高田泰治代理) 後列 左から、森 香織 (ザ・カレッジオペラハウス公演 指揮者)、晴 雅彦、石橋栄実、児玉祐子、西尾岳史、田邉織恵 (以上 同公演 キャスト) の皆さん

 音楽クリティック・クラブ賞

 受賞の理由および対象になった公演は以下の通り


 本 賞  尾高忠明

■《受賞の理由となった公演》

flyer 18.5.17(木)19:00 フェスティバルホール
大阪フィル ベートーヴェン交響曲全曲演奏会 [ I ]
指揮/尾高忠明 曲目:ベートーヴェン/バレエ音楽「プロメテウスの創造物」序曲,交響曲 第1番 ハ長調 op.21,劇音楽「エグモント」序曲,交響曲 第2番 ニ長調 op.36 入場料:A¥6,000 B¥4,500 C¥3,000 BOX¥7,000 問い合わせ:大阪フィル・チケットセンター(06-6656-4890)


18.6.8(金)19:00 フェスティバルホール
大阪フィル ベートーヴェン交響曲全曲演奏会 [ II ]
指揮/尾高忠明 曲目:ベートーヴェン/交響曲 第4番 変ロ長調 op.60,交響曲 第3番 変ホ長調 op.55「英雄」 入場料:A¥6,000 B¥4,500 C¥3,000 BOX¥7,000 問い合わせ:大阪フィル・チケットセンター(06-6656-4890)

18.7.20(金)19:00 フェスティバルホール
大阪フィル ベートーヴェン交響曲全曲演奏会 [ III ]
指揮/尾高忠明 曲目:ベートーヴェン/交響曲 第6番 ヘ長調 op.68「田園」,交響曲 第5番 ハ短調 op.67「運命」 入場料:A¥6,000 B¥4,500 C¥3,000 BOX¥7,000 問い合わせ:大阪フィル・チケットセンター(06-6656-4890)

18.11.15(木)19:00 フェスティバルホール
大阪フィル ベートーヴェン交響曲全曲演奏会 [ IV ]
指揮/尾高忠明 曲目:ベートーヴェン/交響曲 第8番 ヘ長調 op.93,交響曲 第7番 イ長調 op.92 入場料:A¥6,000 B¥4,500 C¥3,000 BOX¥7,000 問い合わせ:大阪フィル・チケットセンター(06-6656-4890)

18.12.29(土)17:00 フェスティバルホール
18.12.30(日)17:00 フェスティバルホール
大阪フィル ベートーヴェン交響曲全曲演奏会 [ V ]
指揮/尾高忠明 ソプラノ/安藤赴美子 アルト/加納悦子 テノール/福井 敬 バリトン/与那城 敬 合唱/大阪フィルハーモニー合唱団 曲目:ベートーヴェン/交響曲 第9番 ニ短調 op.125「合唱付き」 入場料:A¥6,000 B¥4,500 C¥3,000 BOX¥7,000 問い合わせ:大阪フィル・チケットセンター(06-6656-4890)

■《贈賞の理由》

 尾高忠明氏は、大阪フィルハーモニー交響楽団の音楽監督に着任した初年度に、指揮者にとっても、オーケストラにとっても、その真の実力が問われる試金石ともいうべきベートーヴェンの交響曲全曲演奏会を挙行し大きな成果を上げられました。ベートーヴェンの交響曲演奏においては、小編成のピリオド・スタイルが主流をなしつつある現在ですが、むしろあなたは大オーケストラによる既存のスタイルによる演奏を敢行し、作品の真の価値や意味は、演奏スタイルをも超えて明らかにされるものであることを見事に示されました。その極めて高い完成度と成熟度を持った比類のない解釈は、真に感動的かつ意義深いものであり、本クラブはこの成果を高く評価するとともに、ベートーヴェンの交響曲の意義を聴衆に深く再認識させた業績を称え、本賞を贈ります。(中村孝義 音楽クリティック・クラブ)

このページの《トップ》へ戻る
………………………………………………………………………

 本 賞  大阪音楽大学 ザ・カレッジオペラハウス


■《受賞の理由となった公演》

flyer 18.11.2(金)19:00 ザ・カレッジ・オペラハウス
18.11.4(日・休)14:00 ザ・カレッジ・オペラハウス
大阪音楽大学 第54回オペラ公演「ディレクターズチョイス」シリーズ
演出・粟國 淳 指揮/森 香織 管弦楽/ザ・カレッジ・オペラハウス管弦楽団 演目:メノッティ/オペラ「テレフォン」(1幕・原語 (英語) 上演・字幕付き・上演時間 約25分),「泥棒とオールドミス」(1幕・原語 (英語) 上演・字幕付き・上演時間 約1時間) 配役:別項 入場料:¥7,000 シルバー¥6,000 高校生以下¥3,000 問い合わせ:大阪音楽大学 コンサートセンター(06-6334-2242)


■《贈賞の理由》

 「テレフォン」は便利さを飛躍的に高めたはずの通信手段が逆に新たなディスコミュニケーションや個人の孤立、分断なども作り出してしまうメカニズムを照射したし、「泥棒とオールドミス」では満ち足りているかに見える市民生活を侵食する孤独や傲慢。その中から生み出される不条理や恐怖が巧みに引き出された。歯切れの良いオーケストラと声楽陣の好演が喜劇的で凝縮したこの舞台へと結実したと言えよう。(嶋田邦雄 音楽クリティック・クラブ)

このページの《トップ》へ戻る
………………………………………………………………………

 奨励賞  高田泰治

■《受賞の理由となった公演》

flyer 18.8.2(木)18:30 大阪市中央公会堂 3階中集会室
高田泰治 × ショパン / シューマン ピアノ協奏曲 日本テレマン協会創立55周年記念特別演奏会 Vol.1
指揮/延原武春 フォルテピアノ/高田泰治 管弦楽/テレマン室内オーケストラ(クラシカル楽器使用) 曲目:シューマン/ピアノ協奏曲 イ短調,ショパン/ピアノ協奏曲 第1番 ホ短調 入場料:¥5,000 25歳以下¥1,000 問い合わせ:日本テレマン協会(06-6345-1046)


■《贈賞の理由》

 高田泰治氏は、2018年で創立55周年を迎えた、日本テレマン協会の中軸を担う歴史的鍵盤楽器奏者。02年の本格デビュー以来、関西とドイツ・レマゲンを拠点に、リサイタル活動にオーケストラにと快演を重ねてきた。特に、フォルテピアノとチェンバロを的確に弾き分けられる奏者は、国内では稀有な存在。大阪市中央公会堂で開かれた「日本テレマン協会創立55周年記念特別演奏会 Vol.1」では、シューマンでJ. G. グレーバー (1848年, ライプツィヒ)、ショパンでエラール (1850年頃, パリ)と、2種のオリジナルのフォルテピアノを使用。演奏中にも刻々と状態を変えるピリオド楽器の特性にも臨機応変に対応しつつ、2つの名協奏曲を、それぞれの色合いで見事に披露した。(寺西 肇 音楽クリティック・クラブ)

このページの《トップ》へ戻る
………………………………………………………………………

◆ 音楽クリティック・クラブのメンバーは下記の通り。(19.1.15 現在)
  小味渕彦之、鴫原眞一、嶋田邦雄、椨 泰幸、出谷 啓、寺西 肇、
  中村孝義、能登原由美、福本 健、横原千史 (以上 50音順)


このページの《トップ》へ戻る
「日本の音楽賞」のページ》を見る
ホームページ》へ戻る